By Goshi V.G. Daily, contributing writer

クラゲは怖いという評判があるかもしれませんが, 私はそれを主張するためにここにいます。 実のところ、クラゲは絶対的で最高の美しさと優雅さの存在です。彼らの触手は、刺すと激しい痛みと死さえも引き起こすことが知られており、海の流れの中を自由に踊ります。ああ、彼らのベルはそれぞれ色とデザインの点でユニークな芸術作品であり、ほとんどそれぞれに独自の物語を持っています。確かに、クラゲは「無知な攻撃者」かもしれませんが、彼らは本当に気楽な驚異と繊細さの愛想の良い存在です-壊れやすく、不滅で、無力でありながら強力です。ある意味で、クラゲは私たちの魂のようであると推測することができます-気にせず、心配もせずに、それでも非常に曖昧でわかりにくいものでありながら、そのように定義しています。それらを残酷と呼び、恐ろしいと呼び、モンスターと呼びます。 それらをあなたが望むものと呼んでください、しかし確かにどんな賢明な人間も少なくとも彼らの独特でエイリアンのような美しさを評価することができます。 知るか? たぶん私たち人間は、そんなに多くのことを考えているが、ほとんど考えていないので、これらの奇妙な自然から学ぶことができるでしょう。

Jellyfish may have a reputation for being scary, but I’m here to refute it. In fact, jellyfish are the epitome of supreme beauty and elegance. Their tentacles, known to cause severe pain and even death when stung, dance freely in the ocean currents. How each of their bells is a unique work of art with their color and design, almost as if each has its own story. Sure, jellyfish may be “ignorant attackers,” but they’re really easy-going wonders and amiable beings of delicacy–fragile yet immortal; helpless yet powerful. In a sense, we can say that jellyfish are like our soul–carefree and without inhibitions, but beautiful and the defining traits of our beings. And yet still, jellyfish are called cruel, scary monsters. Yes, call them what you want, but certainly, any wise human can at least appreciate their unique and alien-like beauty. Besides, who knows? Maybe we humans who think so much, but so little, can learn from these strange, elegant creatures.

Leave a Reply